今年もプチバカンス☆

  • 2013.08.18 Sunday
  • 16:59

去年、行った真鶴がすっかり気に入って、今年も行ってきました。

どこかの場所を気に入ってリピートするのって、私にとってめずらしいことです。都内のどこか、というのを別にすると、ParisのBastille以来かも。
去年とは違うお店に入ってみたくて、今年は葵寿司さんに入りました。
小かますを揚げたのとお刺身をいただいてから、地魚のお寿司。
白身魚が好きな私にとって、テンションがあがる見た目のラインナップは鮑、いか(地元のグリーンなんとか、という名前のいか)、シマアジ、うに、伊勢エビ、ほうぼう、花鯛、金目鯛、すずき、あじ、でした。
白身がおいしいのはいつものことだけれど、ふだんは重いと感じてしまうエビがあっさりとぷりっとしてておいしかったです。お好みだったらエビはたぶん頼まないはず、、なので、こういう発見があるのがお任せの楽しいところだなあって思います。
お寿司についてきた、立派すぎる伊勢エビのお味噌汁。

去年も夏休みシーズンに行ったのだけれど、前回と同じく人があまりいない舞鶴でした。そこが気に入ってるところでもあるけれど、観光地としては心配になります。

お店の人と色々な話をしたのだけれど海にくる人たちがいても、簡易シャワー(?)を持参のため海の家を利用しない、コンビニやファーストフード店に寄るらしく地元の店を利用しない、という人も最近は多いのだとか。
節約して1回でも多く遊びに行きたいという気持ちも少し分かるけれど、自分の好きな海のある場所にお金をおとしていってほしいなあ。。
私がいつも考えてしまうことと繋がっている話。
お金を使うっていうことは、そこを応援したいって意思表示だと思うんだけれど、、多くの人は自分の好きな場所やお店には節約して、携帯メーカーや大手の会社ばかりに(好んで、ではなくても結果的に)払っているという流れがすすんでいく気がするんだけどなあ。
そんなことを考えながら、ふだんは乗らない観光船にのってみたり、干物のおみやげをいっぱい買ってみたり、観光客っぽいことをたくさん、楽しんできました。
 
旅の目的は、たくさん魚を食べることだったのに、お昼に食べすぎたせいか、帰る頃になっても一向にお腹がすかなくて。。とりあえず小田原で降りて、食事をする気分じゃないけれどどうしよう??と考えていたらかまぼこの名店“鈴廣”のお店で期間限定のビールBARをやっていたので、そこで一休みしました。
地ビールの箱根ビールが1杯300円でかまぼこつき(自由にとれるスタイル)、というとても太っ腹なお店で、地元のビールやかまぼこのPRを兼ねてやっていたみたい。
これは赤字では?って思ってしまうけれど、でも、その心意気が素敵だなあ。
日帰りの小さなバカンスだったけれど、たくさん満喫してきました。また行きたい。今度は違う季節にも行ってみたい。そんなことを考えながら、その時まで日常をがんばります☆
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

1日1クリックどうぞ☆

クリックで救える命がある。

プランジャパン

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM