自宅でできる薬膳講座☆

  • 2018.05.16 Wednesday
  • 00:14

もともと食や健康、そしてbeautyに興味があったけれど最近は自分の関心がとくに強まっているのを感じます。去年は家政大学で8回の薬膳講座を受講したのですが、月に1回くらいの無理がないペースで、同じテーマを時間をかけて学んでいくのは久しぶりのことで楽しく刺激をうけました。

もともと西洋医学やサプリに対して距離をおいていて、それらのお世話にならないように健康に気を使っているのですが、どれも感覚で判断しているような感じで自分でもよく分かっていないことも多かったのです。体にいいと言われるものはたくさんあって、おばあちゃんの知恵袋のようなものから科学的に根拠があるようなものまで、、それこそほとんどの食品は“体にいいもの”だと思うのですが、そのあたりを一旦、整理してみたかったのが一番の理由でした。

 

講座では毎回、ちょっとした試飲や試食、そしておみやげをいただくのが楽しみでした。

ある日のおみやげのクコ。料理に使われるクコの実を器にいれてお湯をそそぐと甘酸っぱいクコのお茶?になるのです。クコは目にいいみたいなのと、味も飲みやすくおいしかったのでその後も好んでいただきました。

これは胖大海(ハンダイカイ)という肺を潤すという生薬の実。こちらもお湯をそそいで数分、様子をみていると、、
ふんわりと広がっていって、
どこからあらわれたのか?と思うような大きな広がりができていてびっくり。ちなみにお茶の味は苦めで、さらに実も食べるといいというので食べてみると味がない白きくらげのような感じで、おいしくはありませんでした。。
肺を潤すといっても肺だけでなく、鼻や肌、腸などの乾燥をやわらげてくれるようなので、そのあたりが気になってる人は飲んでいくといいのかも(良薬口に苦しという言葉が浮かぶお茶です)。
別の時にいただいた棗はおいしかったです。たしか、美容にいいと注目されていてbeauty系のイベントでいただいたこともあります。わりとお高めで、その後買ってはいないのですがサプリメントを飲むよりも自然に効果があるような気がします。
今年の春からも同じ先生による薬膳講座があったので、前期を申し込んで先日は1回めの受講をしてきました。去年の受講時よりも、少し理解できている手応えがちょっと嬉しかったりして。
学生時代より記憶力や集中力が落ちているのも実感しますが、新しい知識を得るのは楽しいです。食は生きている間ずっと切り離せないものなので、長くあせらずに学んでいきたいです☆
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

1日1クリックどうぞ☆

クリックで救える命がある。

プランジャパン

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM