今年もプチバカンス☆

  • 2015.09.24 Thursday
  • 08:46
おなじみの真鶴に、行ってきました。
真鶴というと一番の楽しみは地の魚を味わうことで、今までは毎回、新しいお店を開拓していたのですが今回は初めて、前回にもお邪魔した岩忠さんに伺いました。

お料理も迷いつつ、やはり前回と同じお気軽会席に。
今回のお刺身は、白鯛、きはだまぐろ、いか、鯵です。手前にあるのは刺身用のポン酢と酢みそ。そして自家製いかの塩辛と、もずく酢。どんどんとでてくるお料理をおいしいうちにいただきたいと、おわれるようにいただきながら、箸休めがこんなに贅沢なんて!といただいた小鉢のふたつでした。

そして、国産うなぎのメニューがあったので、蒲焼きを頼みました。悪くはないけれど、地魚好きとしては、皮はぎや金目鯛の一品を頼んだ方がよかったかも?
ほか、 焼き魚、鯵フライ、茶碗蒸し、ごはん、お漬け物、お味噌汁がテーブルいっぱいに並んで、何からどう食べようか、嬉しい悩みに浸りました。

今回の真鶴は今まで行ったことあるところをなぞるような旅でした。新しい発見はないけれど、前にも来た海や道を歩きながら、真鶴の空気を味わって。なじみの場所にまた来れた感が嬉しいです。

そして、真鶴に来るたびにお買い物をする高橋水産さんへ。最初に真鶴に来たときに、なんとなく入って試食をさせていただいたらとてもおいしくて。それ以来、真鶴に来るたびにカオをだすお店になりました。
実はもともと、干物ってあまり好んで食べないものだったのですが、真鶴の干物はここのはもちろん、他のお店のものも、みんなパサパサしないでしっとりしているのです。味が濃くないのも私好みで、素材の魚が新鮮だからなのかなあ、、と。干物のおいしさに開眼させてもらったところでもあります。

家で高橋水産さんの干物をアテに日本酒をいただきました。これは、めざし?一夜干しっぽい丸干しです。(名前ちゃんと聞いてませんでした;)

こちらは、すごくおすすめされたムロ鯵。見た目はとても干してある感じなのに、しっとりしていておいしかったです。一口ごとに味がでる、という言葉どおりでした。

小さなカマス。左が塩干で、右がみりん干しです。小さいけれど、12枚で300円というびっくりするほどお買い得のお値段でした。

次はいつ、行けるかな?当たり前の楽しみのことが、当たり前のようにやってきますように。今回も楽しい1日をすごせたことに、感謝です☆
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

1日1クリックどうぞ☆

クリックで救える命がある。

プランジャパン

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM