ポケモンGOをやってみて☆

  • 2016.10.21 Friday
  • 08:32

夏にリリースされて話題になっていたポケモンGOを今月に入ってから、はじめました。

まわりに既に飽きてやめてしまった人もいるタイミングで、いま始めてる私がレアキャラだ、なんて言われたけれど、はじめてみたらマイペースに進められて楽しんでいます。

 

10/6にはじめて2週間たって、レベル22。

うちは生活圏がポケモンGO的に恵まれているのか、進みとしてはペースが早いみたいです。

他の人の話を聞いていると、同じ時間プレイしてもその場所によって獲得するものや経験(レベル)の差が大きいゲームのようなので、そのあたりはラッキーだったのかも。

 

私はスマホのバッテリーが頼りないので、おもに近所をプレイしているのだけれど、ポケストップ(ボールをもらえるところ)やジム(バトルするところ)は場所を知っているので画面をみなくてもそこで足を止めればよくて、ポケモンが現れた時はバイブ機能で教えてくれるのでいわゆる歩きスマホをしなくてすむ、というのも続いている秘訣かも。ポケモンGOをするときは、空を眺めながら歩くことが多くなりました。

 

水色に塗ったキャンバスの上に、ぺたぺたと白い絵の具を含んだ筆をおとしていったような空。

 

大天使の翼のような雲をみつけて、電柱や電線をいれないで写真を撮りたくて色々やってみたけれど、どうしても入ってしまうもどかしさ。

 

これは、ちょっと龍というか生き物っぽくみえたのでパチリ。

 

なんて、空はいくらみても見飽きません。

このゲームにはいろいろな楽しみ方があるけれど、私の場合はレアなポケモンをもとめて特定の公園にいったりしないので、とてもルーティンな感じになっていて。ただ、ボールをもらえる場所でボールをもらって、モンスターが現れたらそのボールを使ってつかまえて、、これってなんだか日常の繰り返しみたい?と思ったりも。

でも、その繰り返しの間にレベルも淡々とあがっていって、途中途中でごほうびのようなものがもらえたりして。モチベーションがさがらないようにゲーム側も工夫してるんだなあ、なんて人ごとのように思ったりしながらプレイしているのですが、なんだかこれって人生みたい。

 

前に知人の住職さんと煩悩について話をしていて、悟るということは煩悩がすべてなくなること、と言われたのですが、つづけて、でもそうなったらつまらないよね、とも言われたのを思い出しました。たしかに煩悩がなくなって、すべてを悟ってしまったらもっと生きたいという気持ちもなくなるのかも?ゲームでも早々に目的を達成したり満足してしまったら、それ以上つづける気持ちはなくなるのかも(または飽きちゃうのかも)?

人生とゲームをかさねるのは大げさかもしれないけれど、ゲームに夢中になる人はそこでちょっとした人生の擬似体験をしているのかなあ、なんて。

ふだん、あまりゲームをしない私が感じたことでした。

1週間たって、2週間たって、まだ飽きてないけれどモチベーションがさがってきてるのは感じてるので。そろそろゲームにむけてた気持ちやエネルギーを現実世界につかおうかなあ☆

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

1日1クリックどうぞ☆

クリックで救える命がある。

プランジャパン

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM