精進料理のおせち講座☆

  • 2018.01.05 Friday
  • 08:07

まだ12月の頃、精進料理のおせち、というテーマの講座に参加してきました。

精進料理とは、なんとなく理解はしていたつもりですが、その基本は仏教の修行からきていることなど心構えのようなところから丁寧な説明からはじまり、とてもためになる講座でした。

 

この日のメニューはこちら。ちなみに丸十とは薩摩の紋にかけて、さつまいものことだそう。初めて聞いた言葉ですが納得でした。

 

精進料理は思っていたよりも、その基本(思想)を理解するのも、料理の手順もたいへんだなあというのが感想です。外で食べる機会があったら食べたいけれど、自分で作るものじゃないかなあ。。そもそも、肉も魚も普通に食べている私がたまに野菜メニューにしようと思った時は普通に肉抜き魚抜きにアレンジすればいいもので、安易に精進料理というものに手をだすのはおこがましい、、というような気持ちになりました(それは講座の趣旨とは違ってしまったかもしれませんが。。)。

精進料理となると、使う調味料からひとつひとつ、その基本にのっとったものを使うことになります。以前、マクロビの料理講座を受けたことがありますが、それよりもルールが多いと感じました。

 

試食のとき、少しですがお屠蘇もいただきました。うちは実家も、自分でもお屠蘇を作らないのでなじみがない味です。

甘くてデザートワインのような感じでした。

 

食材は地味でしたが、見た目に華やかな精進料理のおせち。そのひとつひとつは下拵から手がかかっているものでした。

目で楽しむのはもちろんですが、食感にも特にこだわっているようです。どれもおいしかったですが特に、高野豆腐の中におからをつめて揚げた“射込高野豆腐”が好みでした。

 

メニューになかったお雑煮もいただきました。このおだしはかつおだしを使っているそうですが、本当はかつおだしはNGだそうです。精進料理では昆布だし、野菜だし、椎茸だしを使うのだそう。たまにならいいけれど、ずっとそれだと飽きてしまうのかも。。

だからこそ、工夫をこらしてうまれたのが精進料理なんだなあと思いました。

 

講座を受けて、自分には作れない!と思うのも学んでみなければわからなかったことです。新年を迎える前にいい講座を受けることができたと思います☆

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

1日1クリックどうぞ☆

クリックで救える命がある。

プランジャパン

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM