浅間神社と桜めぐり☆

  • 2018.04.28 Saturday
  • 11:45

先日、富士山に近い土地にある浅間神社をいくつかお参りしてきました。浅間神社、というのが富士山信仰とつながっているので富士吉田や富士五湖エリアエリアにはたくさんの富士浅間神社があるのです。

 

この日、最初に行ったのは新倉富士浅間神社でした。神社と隣接して新倉山浅間公園があって(というより神社が公園の一部のような感じ?)、ちょうど桜まつりの期間だったので都内では終わってしまった桜をふたたび楽しむことができました。

 

新倉山公園には398段(コノハナサクヤ姫とかけているらしい)の石段があるのですが、ここからは富士山を背景に桜が望めます。びっくりしたのですが、来ていたのがほとんど海外からの観光客でみなさん石段を昇りながら、みんな足をとめて撮影をしていてほのぼの楽しい雰囲気でした。

 

さらに、昇りきったところにある展望台には五重塔があって、富士山と五重塔と桜の写真が撮れるのです。ここの風景写真がミシュランガイドの表紙を飾ったというのも、ここに来て初めて知りました。たくさんの海外の方がここに来るのも納得の理由でしたが、私も含めて日本の人はあまり知らない情報だったのかも。。

私は神社しか下調べしていなくて、この公園に寄ったのはついでという感じだったのですがとてもラッキーだったと思います。

 

そして次の神社に向かいつつ、お昼ごはんを食べようとしたのですが、行こうと思った店は小さな路地沿いのようで入れなかったり、神社の近くにあるお店に行こうとしたらお昼の営業時間が終わって閉まっていて、、結局近くに看板がでていたお店に入ったのですが、なんと、そのお店はめざしていた北口本宮神社の境内にあったのでした。

ずっと気づかなくて、お店をでるときに神社の話をしたら“うちは境内にあるんですよ”と言われてびっくりしました。

 

といういきさつがあってからお参りをした北口本宮冨士浅間神社です。

このあたりにある浅間神社の中で、世界遺産になっているのはここだけだそう(と、食事をしたお店で教えていただきました)。

 

天気にも恵まれた日で、気持ちのいい光を浴びながらお参りをすることができました。

 

境内にある大きな杉には、めずらしい結び方のしめ縄が。りぼん結びみたいでかわいらしくて、思わずパチリ。

富士吉田市には気になる神社がまだあったけれど、河口湖方面に移動して河口浅間神社へ向かいました。

 

ここは、手つかずの自然の中にあるような神社でした。神社の裏側に到着してしまって、うっそうとしていて入るのに躊躇する感じだったのですが、入るときには家族連れが1組いて、入れ替わるように途中からご夫婦連れがお参りにきて、心細くない程度の貸切気分を味わうことができました。

 

そして、もうお参りは終わりにしてせっかくだから河口湖をみようと思っていたところ、道中に大きな神社をみつけたのでこれもご縁と思ってお参りいたしました。

冨士御室浅間神社という神社で、参道を歩きながらの桜がとても見応えありました。

この日、最初の予定では他に行きたい神社があったのをやめてコースを変更した結果、この神社にであったのもご縁だなあと。最後にこんなにきれいな桜を見せてもらったんだなあと。ずうずうしいようですが、よいお参りコースに誘導していただいたような気持ちで感謝のご挨拶をいたしました。

 

最初から最後まで、浅間神社と桜と、どちらもたっぷりと堪能した日になりました。未知の土地で、この日も楽しいお参り道中ができたことに感謝です☆

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

1日1クリックどうぞ☆

クリックで救える命がある。

プランジャパン

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM