ちひろさんの世界へ小さな旅☆

  • 2018.07.24 Tuesday
  • 00:24

上井草にあるちひろ美術館に行ってきました。前から気になっていたのですが、始めての訪問です。

距離はそれほど遠くないのですがアクセスがわるく、うちからは電車とバスを乗り継いで、駅から少々歩くというプチ遠出のような感覚でした。

 

いわさきちひろさんの作品の常設展示とあわせて、私が行った日の企画展は“着るをたのしむ”というもの。どちらも好きな世界をみることができました。

 

いわさきちひろさんの作品の色使いやモチーフを生地にのせた作品たちが明るい光が入ってくる空間でのびのびと展示されていました。ちなみにこの日は浴衣で行ったのですが、浴衣とこの美術館そのものがなんとなく相性がいい感じがしました。

 

ほか、いわさきちひろさんが大事にしていた洋服や小物、またいわさきちひろさんの世界にインスパイアされたような服の展示もありました。

 

途中で映像をみるコーナーがあって、黒柳徹子さんがいわさきちひろさんについて語っていた映像をみたのですがその中で紹介していた“戦火のなかの子どもたち”という本のことを読んでみたいなあと思いながら館内の図書室に入ったところ、部屋に入ってすぐこの本が目に入ってびっくりしました。もちろん、目立つように置かれていたのですが他にも目立つように置かれた本があって、たくさんの本が並ぶ図書室で最初にであうなんて!

読んでみて、これは多くの人によんでほしい本だなあと思ったのですが、今までこの本の存在を知らなかった私が知ることができたことに感謝の気持ちと同時にここで感じたことを大事にしたいと思いました。

 

そして館内のカフェでひと休み。

 

この美術館はいわさきちひろさんが実際に住んでいた住居兼アトリエを美術館にしているのですが、庭に出ることもできて季節のお花を楽しみました。カフェのテーブルには庭で摘んだと思われる小さな花がコップにさしてあって、生活を楽しんでいるような感じが素敵だなあと思いました。

 

お庭から建物をみたところ。

 

気づいたら閉館時間が近づいていて、2時間以上も美術館の中にいたようでした。

常設展示の作品やショップは写真を撮らなかったけれど、すべてを満喫いたしました。なかなか行きにくいけれど、たまに訪ねたい場所のひとつになりました☆

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

1日1クリックどうぞ☆

クリックで救える命がある。

プランジャパン

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM