中国料理 クラシックとモダン☆

  • 2018.09.02 Sunday
  • 13:14

“中国料理 クラシックとモダン”というテーマのキッコーマンの料理講座に行ってきました。この日の先生は御田町にある中華料理、桃の木の小林武志シェフでした。

おなじみの中華料理も伝統的なものと、最近のものと、レシピを替えて説明をまじえながら実演していただくという貴重な企画でした。

 

この日のメニューには蒸し鶏、油淋鶏、酢豚、となじみのある料理名が並びます。とくに酢豚は4種類もあって、どういうことになるのか興味津々でした。

 

まずは蒸し鶏のクラシックタイプとモダンタイプの2種類から。

左のものがクラシックなもので椒麻鶏(ジャオマーチー)というのだそう。左のソースが青ネギ、生姜、山椒の3種からできているのに対して右のは大葉、バジル、青ネギ、生姜、山椒とハーブ風味がつよく洋風なテイストです。白ワインにもあいそうな味でした。

 

おなじみ油淋鶏ですが、右のモダンタイプはなんと鶏ではなく皮蛋を揚げています。ソースもディルやしょうゆを使って中華料理のレシピではない感じです。

 

酢豚の実演は4種類ありましたが、試食でいただいたのは桃の木スタイルでいただく上海風黒酢酢豚でした。4種類ともレシピも材料も複雑で、家では作れないなあ、、という感想でした。中華料理は自分で作るよりもお店においしいものを食べに行くほうがいいかも?という認識を改めました。

 

去年から中華料理にあわせてワインを楽しむ会に参加してましたが、モダンな中華料理はワインにあうなあというのも実感しました。ふだん食べる機会が少ない中華ですが、もっと楽しんでいきたいです☆

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

1日1クリックどうぞ☆

クリックで救える命がある。

プランジャパン

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM